メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対談・人工知能

(3)押し寄せる「第三の波」 人間はどう対処していけばいいのか

「オートモーティブ・ロボティック・インダストリ」社のアモス・ゴレン社長が開発した人工知能(AI)搭載の完全自動警備車両「アムスタッフ」=2016年5月、大治朋子撮影

AI研究者の松原仁氏 × 金沢盛栄編集委員

 前人工知能学会会長の松原仁・公立はこだて未来大副理事長と本紙観戦記者の金沢盛栄・学芸部編集委員による対談最終回は、碁・将棋ソフトの進化にとどまらず、人工知能(AI)の実社会への応用まで話題は広がった。自動車の自動運転をはじめ、医療診断や金融工学の進化、労働現場のロボット進出……など、AI実用化への期待値は高まるばかりである。「第三の波」が押し寄せてきている現在、私たちはどう対処していけばいいのか――。「深層学習(ディープラーニング)はまだ万能ではない。えてしてブームは過剰になるでしょ」と語る松原さん。その目線の先に、人間の進むべきヒントが隠れていそうだ。【構成・中澤雄大/統合デジタル取材センター、最上聡】

この記事は有料記事です。

残り4319文字(全文4647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです