メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流通大手4社

全社で増益 2月期連結決算

流通小売り主要4社の17年2月期連結決算

 スーパーやコンビニエンスストアなどを展開する流通・小売り大手4社の2017年2月期連結決算が12日、出そろった。本業のもうけを示す営業利益は、スーパー事業が堅調だったイオンをはじめ、セブン&アイ・ホールディングス(HD)など全社で増益となった。

 イオンは食品販売などが好調だったダイエーなどのスーパー部門が「利益改善に大きく貢献」(同社)し、営業利益は4.4%増の1847億円となった。ただ、営業利益は計画を下回り、岡田元也社長は同日の記者会見で「多くの変革をしなければならない」と語った。

 セブン&アイの営業利益は過去最高を更新する3.5%増の3645億円。一方、販売不振のスーパーの店舗閉鎖と、それに伴う特別損失などで売上高と最終利益は減収減益となった。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです