メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイレンスタクシー 運転手の雑談自粛 京都で運行

「サイレンス車両」の車内=京都市南区で2017年4月12日午前11時15分、宮川佐知子撮影

 静かな環境でタクシーに乗ってもらおうと、京都市南区の「都(みやこ)タクシー」が「サイレンス車両」の運行を始めた。最低限の会話を除き、運転手からは話しかけない。同社によると、全国初の試みという。

     きっかけは、今年2月にあった社員による「アイデア発表会」。営業担当の網島透さん(44)が飲み会の帰りに乗ったタクシーで「景気が悪いね」と話しかけられ、相づちを打つのが面倒だった経験から発案した。

     3月下旬から、市内を走る10台に説明文を掲示して試験導入。あいさつする▽行き先を尋ねる▽客からの質問に答える--などの場合を除き、雑談を自粛することとした。

     これまでに、運転手から「愛想が悪いと受け取られる」、客から「おしゃべりしたいのに物足りない」という反対意見もあったが、逆に「京都に行ったら利用したい」「そういうサービスが欲しかった」という肯定的な声もメールや電話で十数件寄せられたという。

     網島さんは「タクシーのサービスやおもてなしとは何かについて、多くの人の意見を聴いてみたい」と話している。空車があれば予約可能。問い合わせは075・671・6101。【宮川佐知子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
    5. 社説 日馬富士関が後輩に暴行 横綱を名乗るに値しない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]