熊本地震

益城町で給食本格再開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
久しぶりの温かい給食を楽しむ子どもたち=熊本県益城町の町立益城中央小で2017年4月12日午後1時3分、森園道子撮影
久しぶりの温かい給食を楽しむ子どもたち=熊本県益城町の町立益城中央小で2017年4月12日午後1時3分、森園道子撮影

 熊本地震で給食センターが被災した熊本県益城町は12日、町内の7小中学校で学校給食を本格的に再開させた。最初に最大震度7を観測してから14日で1年。これまでは民間業者の弁当給食で代用していただけに、児童や生徒は温かい給食に喜びの声を上げた。

 益城中央小(岩下育男校長)の6年2組では、西村博則町長が児童40人と給食を楽しんだ。メニューは「チンゲン菜のクリームシ…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集