メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨床研究

受精卵ゲノム編集禁止 厚労省、指針見直し検討

 厚生労働省は12日、ヒトの受精卵について、生物の遺伝子を効率良く改変できる新技術「ゲノム編集」を使って病気の遺伝子を治し子宮に戻す臨床研究を禁止するよう、遺伝子治療に関する指針を見直す検討に入った。今年度中にまとめる方針で、ゲノム編集によるヒトの受精卵の臨床研究を対象にした国内初の規制となる。

 現行の指針では、別の遺伝子を導入するなどして受精卵の遺伝子を改変することを禁止している。しかし、たんぱく質などを投与して改変するゲノム編集については規定がなかった。

 ヒト受精卵のゲノム編集については、内閣府の生命倫理調査会が昨年4月、「先天性の難病治療や不妊治療の研究に役立つ可能性がある」として基礎研究を容認。一方、出産につながる臨床研究は安全性や倫理面から認めない方針だったため、同省はこれに沿った形で指針を見直す。【荒木涼子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
  3. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  4. 麻薬密輸容疑 静岡朝日テレビ社員を逮捕
  5. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]