メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受精卵ゲノム編集禁止 厚労省、指針見直し検討

 厚生労働省は12日、ヒトの受精卵について、生物の遺伝子を効率良く改変できる新技術「ゲノム編集」を使って病気の遺伝子を治し子宮に戻す臨床研究を禁止するよう、遺伝子治療に関する指針を見直す検討に入った。今年度中にまとめる方針で、ゲノム編集によるヒトの受精卵の臨床研究を対象にした国内初の規制となる。

 現行の指針では、別の遺伝子を導入するなどして受精卵の遺伝子を改変することを禁止している。しかし、たんぱく質などを投与して改変するゲノム編集については規定がなかった。

 ヒト受精卵のゲノム編集については、内閣府の生命倫理調査会が昨年4月、「先天性の難病治療や不妊治療の研究に役立つ可能性がある」として基礎研究を容認。一方、出産につながる臨床研究は安全性や倫理面から認めない方針だったため、同省はこれに沿った形で指針を見直す。【荒木涼子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
  2. 65歳定年 一時検討 15年に政府、経済界反発で見送り
  3. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
  4. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
  5. スマホ 家計を浸食 ガラケーから移行、データ量増え 格安広がらず、16年過去最高 総務省通信料調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]