メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨床研究

受精卵ゲノム編集禁止 厚労省、指針見直し検討

 厚生労働省は12日、ヒトの受精卵について、生物の遺伝子を効率良く改変できる新技術「ゲノム編集」を使って病気の遺伝子を治し子宮に戻す臨床研究を禁止するよう、遺伝子治療に関する指針を見直す検討に入った。今年度中にまとめる方針で、ゲノム編集によるヒトの受精卵の臨床研究を対象にした国内初の規制となる。

 現行の指針では、別の遺伝子を導入するな…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文365文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです