メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

443 太陽系空間40年の旅

頑張がんばれボイジャー!

 いまから40年前ねんまえ(1977ねん)の8がつ20はつか、アメリカのフロリダしゅうから、ボイジャー2ごうという探査機たんさきちました。つづいてボイジャー1ごう発射はっしゃされ、あといました。

     1ごう木星もくせい土星どせい接近通過せっきんつうかし、2ごう木星もくせい土星どせい天王星てんのうせい海王星かいおうせい接近観測せっきんかんそくして、鮮明せんめい惑星わくせい姿すがたわたしたちにとどけてくれました。現在げんざいごうわたしたちから206おくキロメートル、2ごうは170おくキロメートルにあり、いまだに地球ちきゅうとの交信こうしんつづけているのですからおどろきです。

     ボイジャーには、異星人いせいじんひろったときに地球ちきゅうのことをってほしいとのねがいをこめて、地球ちきゅうのことをしるした1まいのプレート(いた)がせられています(写真しゃしん1)。89ねん惑星わくせいに「さよなら」をするにたって、ボイジャーがかえって撮影さつえいした地球ちきゅう姿すがたは、いまもってわたしたちの感動かんどうびます。当時とうじすでに63おくキロメートルもはなれていたのに、ちいさなてんとしてうつった地球ちきゅうが、じつあおかったのです(写真しゃしん2)。

     天文学者てんもんがくしゃカール・セーガンをして“Palebluedot”(青白あおじろひとつのてん)とわせたこの神秘的しんぴてきあおいろを、核戦争かくせんそうなどでどすぐろいろえてはいけない--当時世界中とうじせかいじゅうのみんながそうおもったはずです。私自身わたしじしんもその一人ひとりでした。

     ところで太陽たいようからは、「太陽風たいようふう」といって、電気でんきびたつぶ大量たいりょうされています。太陽風たいようふう影響えいきょうける領域りょういき太陽圏たいようけん(ヘリオスフィア)とんでいますが、ボイジャー1ごうはすでに太陽圏たいようけんだっして、となりほしとのあいだ空間くうかん星間空間せいかんくうかん)をたびしており、2ごうもすでに太陽圏たいようけんはしっこまでています。この2探査機たんさきは、これまで人間にんげんつくった機械きかいなかで、わたしたちからもっとはなれたところまで到達とうたつしているものなのです。

     あと数年すうねん交信こうしんつづくとおもうので、わたしたちのまだらない太陽系空間たいようけいくうかん様子ようすがどうなっているのか、ボイジャーの報告ほうこくたのしみにつことにしましょう。頑張がんばれ、ボイジャー!


    的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた「宇宙博士うちゅうはかせ」。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅ


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだんYACヤック

     年齢ねんれい性別問せいべつとわず、宇宙うちゅう興味きょうみがあればだれでも団員だんいんになれます。 http://www.yac-j.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
    2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
    3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
    4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
    5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです