メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

もう一度卒業します

 3月末、妹の小学校の卒業式に出席した。母校の体育館は、私が卒業した9年前より小さくなったような気がして、ここにいた頃の自分を思い出さずにはいられなかった。

 私がこの小学校に転校してきたのは、4年生の時。クラスのみんなも先生も優しくて、とても恵まれた環境だったにもかかわらず、学校に行けなくなってしまった。卒業するまでは、教室で授業を受けられた時期もあれば、学校にすら行けない時期も。6年生の1年間は、多くの時間を保健室で過ごしていた。

 そんな状況だった当時、式の練習に一度も出ないまま参加した卒業式。お世話になった先生方や、家族への感謝の気持ちに浸る余裕もなかった。さまざまな面で幼かった自分を思い出すうちに、ひな壇の端っこに不安そうに立っている自分が見えるようだった。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです