メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「描き始めると徹夜続き。でも頭の中は本当に楽しいんです」=東京都武蔵野市で、根岸基弘撮影

「マヤ」と共に41年、完璧求め時空超え

 デビューから今年で50年。世代を超え根強いファンを抱え、累計発行部数5000万部を超える大ベストセラー「ガラスの仮面」を生み出した大家だが、まるで無名の人のように語り出す。「まだ、この作品が終わってなくて、単行本の49巻(2012年発行)を最後に中断したままなんです。いろいろあった末、去年の1月、さあ50巻をとなったら、主人が倒れて看病から抜けられず、やっと落ち着いてきたので、そろそろ始めようというところなんです」

 そうなのだ。彼女のファンは演劇少女、北島マヤの成長物語「ガラスの仮面」の新巻がいつ出るのか、完結す…

この記事は有料記事です。

残り1615文字(全文1894文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです