メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

交流人口拡充目指す 復興へ長期的な財源支援を 南三陸町・佐藤仁町長(65) /宮城

佐藤仁町長

 町内最後の災害公営住宅(復興住宅)が完成し、仮設で営業してきた南三陸さんさん商店街も移転先の高台で3月にオープンした南三陸町。東日本大震災から6年がたち、まちの復興が着実に進む一方、人口の減少が続くなど課題も残る。佐藤仁町長に今後のまちづくりや目標などについて聞いた。【聞き手・三浦研吾】

 --震災から6年がたちました。

 復興住宅と宅地造成が全て終わり、ようやく復興が目に見える形になってきた。時間はかかったが、やっとこ…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1232文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです