メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画化

新田次郎さんの小説 日立鉱山、100年前の煙害対策 大煙突建設描く 松村克弥監督「郷土の誇りに」 /茨城

「ある町の高い煙突」の映画化を発表する松村監督(左から3人目)ら=日立市のシビックセンターで

 日立鉱山(1981年閉山)の煙害問題と大煙突建設を基にした直木賞作家、新田次郎さんの長編小説「ある町の高い煙突」(文芸春秋刊)が映画化される。映画監督の松村克弥さん(54)、小川春樹日立市長らが13日、同市内で記者会見して発表した。来秋の完成を目指す松村監督は「感動的な実話が郷土の誇りに思えるような映画にしていきたい」と語った。【佐藤則夫】

 松村監督は毎日映画社を経てフリーの監督に転身。現在の北茨城市で晩年を過ごした明治時代の思想家、岡倉…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです