メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画化

新田次郎さんの小説 日立鉱山、100年前の煙害対策 大煙突建設描く 松村克弥監督「郷土の誇りに」 /茨城

「ある町の高い煙突」の映画化を発表する松村監督(左から3人目)ら=日立市のシビックセンターで

 日立鉱山(1981年閉山)の煙害問題と大煙突建設を基にした直木賞作家、新田次郎さんの長編小説「ある町の高い煙突」(文芸春秋刊)が映画化される。映画監督の松村克弥さん(54)、小川春樹日立市長らが13日、同市内で記者会見して発表した。来秋の完成を目指す松村監督は「感動的な実話が郷土の誇りに思えるような映画にしていきたい」と語った。【佐藤則夫】

 松村監督は毎日映画社を経てフリーの監督に転身。現在の北茨城市で晩年を過ごした明治時代の思想家、岡倉…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. ORICON NEWS MBS豊崎由里絵アナ、『明石家電視台』5年で卒業 涙の告白も「4年半、さんまさんが怖かった」
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. 安倍内閣 片山氏疑惑報道 野党が「資質」追及に照準

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです