メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

30、40代が注目「戸建てリノベーション」 自分らしく改修、理想の家

和の空間(下)だったダイニングキッチンがリノベーションで見違えるように生まれ変わる(※記事の物件とは別です)=しずれもG-FLAT提供

 古い住宅を大規模改修して魅力的な空間へと再生する「リノベーション」。住居にも「自分らしさ」を求める30~40代を中心に、マンションよりも自由に改修できる「戸建てリノベ」が注目を集めている。費用や工事期間は? 「理想の家」を手に入れるコツは? 気になる実態や人気の背景を調べた。【倉田陶子】

「脱ありきたり 魅力」

 「あの古かった家がこんなに変わるとは思ってもみませんでした」。大阪市内に住む会社員の男性(38)と妻(33)は3年前、築40年の木造2階建て住宅(約100平方メートル)を購入し、フルリノベーションした。「床や壁材、電気のスイッチやドアノブの形にまでこだわった」。工事費は約1000万円。物件購入や諸手続きなどの費用を合わせて計約2700万円で、予算を大きく下回った。

 新居探しを始めた当初、妻は新築物件を希望していたが、予算の都合もあり、通勤に便利な立地や理想の間取…

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文2026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです