メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

日本選手権 瀬戸、萩野破り初V 400メートル個人メドレー ともに世界切符

 競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権が13日、名古屋市の日本ガイシアリーナで開幕し、初日は男女の決勝7種目などが行われた。男子400メートル個人メドレーは昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した瀬戸大也(ANA)が4分10秒44で初優勝した。リオ五輪金メダリストの萩野公介(ブリヂストン)との接戦を0秒01差で制した。日本水泳連盟の基準を満たして世界選手権代表に内定した。

 男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が59秒26で4連覇して代表入りした。1月に20…

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文1981文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです