メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米

弾薬融通を拡大 物品協定見直し、国会承認

国会議事堂=川田雅浩撮影

 自衛隊と米軍が物資や役務を融通し合う日米物品役務相互提供協定(ACSA)の改定案は14日午前の参院本会議で、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で承認された。民進、共産などは反対した。昨年3月の安全保障関連法の施行に伴う改定で、発効後は日本に直接的な攻撃がなくても米軍への弾薬提供が可能となるなど…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです