愛媛県警

嘱託警察犬に四国初の雑種 「人懐っこい性格」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
誇らしそうな表情で嘱託書交付式に臨む「チビ」=松山市の松山南署で2017年4月11日、木島諒子撮影
誇らしそうな表情で嘱託書交付式に臨む「チビ」=松山市の松山南署で2017年4月11日、木島諒子撮影

 普段は民間で飼育され、捜査や救助の必要に応じて出動する愛媛県警の嘱託警察犬に、雑種犬が初めて選ばれた。県警は2013年度から、シェパードやラブラドルレトリバーなどの大型犬以外にも犬種を広げており、昨年度からは小型犬も初めて加わった。ともに警察署で今年度の嘱託書が交付され、並外れた臭覚を生かした活躍が期待されている。【木島諒子、松倉展人】

 県警によると、今年度の県内の嘱託警察犬は18頭。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集