メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎県

犬猫の殺処分 全国ワースト返上へ不妊対策強化へ

不妊去勢手術が施されたことを示す耳の切り込みがある猫=長崎市夫婦川町で2017年4月5日、今野悠貴撮影

 2015年度に長崎県内で殺処分された犬と猫は計4370匹で、2年連続で全国最多となった。要因の一つは野良猫の多さ。温暖な気候などを背景に子猫が次々と生まれ、不幸な形で生涯を閉じる。野良猫の繁殖を抑えようと、県や長崎市は猫の不妊や去勢の手術に補助するなどの取り組みを本格化させている。【今野悠貴】

 保健所などに持ち込まれた犬や猫は一定期間内に引き取り手が見つからなければ、県の動物管理所(大村市)や長崎、佐世保両市の動物管理センターなどで殺処分される。

 15年度の殺処分数は犬785匹、猫3585匹。10年前の05年度(計1万4947匹)に比べれば、3…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです