メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「北朝鮮、サリン弾の能力持つ可能性」

参院外交防衛委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2017年4月13日午前11時1分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮の核・ミサイル開発問題について「北朝鮮は(有毒ガス)サリンを(ミサイルの)弾頭に付けて着弾させる能力を保有している可能性がある」と述べた。そのうえで「抑止力をしっかり持つべきだという議論は当然だ」と語り、日米同盟による抑止力強化の必要性を訴えた。

 一方で「平和的な解決を求めていくという立場については共有している」と述べ、米国など関係国と平和裏に緊張緩和を目指す考えを強調した。「朝鮮半島の非核化は我が国にとって絶対に実現させるべき課題」とも述べた。日本維新の会の浅田均氏への答弁。

 これに関連し、首相は国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を首相官邸で開き、北朝鮮情勢について協議した。

 菅義偉官房長官はその後の記者会見で、北朝鮮の状況について「化学兵器を生産できる複数の施設を維持し、既に相当量の化学兵器を保有しているとみられている」と説明。「北朝鮮の挑発行為に備え情報収集、警戒監視に当たっている。米国、韓国とも緊密に連携し、必要な情報収集に努める」と述べた。【古本陽荘、田中裕之】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  2. 宇都宮の爆発 監視カメラ6台増設 「爆死」後も事件相次ぎ 宇都宮城址公園 /栃木
  3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
  4. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
  5. ORICON NEWS いしだ壱成、左側の顔面まひだった「今は完治をしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]