メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火山性地震が増加 噴火の可能性

 福岡管区気象台は13日、鹿児島県・トカラ列島の諏訪之瀬島(十島村)で火山性地震が増加していると発表した。同日午前6時~午後5時の集計で457回観測され、震度1以上は8回、最大震度は3。御岳火口から約1キロの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があるとして、警戒を呼びかけている。

     同島は現在、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)で、今回の観測によるレベルの変更はない。火山性地震の増加は、震度1以上を13回観測した2016年4月24~26日以来。十島村によると、島内の人口は80人(2月末現在)。【中村敦茂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
    2. 高校野球 広陵・中村 清宮に対抗心「むかつくというか、いいライバル」(スポニチ)
    3. 世界の雑記帳 「世界一強烈な」コーヒーにボツリヌス菌混入の恐れ、米で製品回収
    4. 元SMAP 3人の新ファンサイト「感謝の気持ち優先」
    5. 北朝鮮 正恩氏「超強硬対応」 太平洋で水爆実験を示唆

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]