メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震1年

新生熊本城へ始動 2年後お披露目

復旧工事が本格化し、大型クレーンを使って鉄骨が差し込まれる熊本城の天守閣=2017年4月13日午後1時21分、野田武撮影

 熊本地震で被災した熊本城(熊本市中央区)の天守閣に長さ18メートルの鉄骨が設置され、復旧工事が本格化している。鉄骨は工事の足場を組むために使われ、13日は大型クレーンによって、最上階の展望室を貫くように鉄骨が通された。

 天守閣は1960年に鉄骨鉄筋コンクリート造りで再建されたもので、大天守(地上6…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです