メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーボンナノベルト

「夢の分子」初合成 名古屋大チーム

カーボンナノベルトの分子構造=名古屋大の伊丹教授提供

 王冠のような形をした炭素分子「カーボンナノベルト(CNB)」の合成に世界で初めて成功したと、名古屋大の伊丹健一郎教授(合成化学)らが14日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。今後研究が進めば、軽くて頑丈な新素材の開発などにつながることが期待される。

 CNBは約60年前に理論上の新物質として提唱された。しかし冠状の構造に合成するとひずみが生じて不安定になるため、科学者の間では「夢の分子」とされてきた。

 研究チームはこうした課題を克服するため、石油成分のパラキシレンを材料に、11段階の化学反応を繰り返すことなどによって、ひずみが出ないように改良し、炭素原子48個、水素原子24個で構成される直径0.83ナノメートル(ナノは10億分の1)のCNBを合成することに成功した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  5. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです