カーボンナノベルト

「夢の分子」初合成 名古屋大チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カーボンナノベルトの分子構造=名古屋大の伊丹教授提供
カーボンナノベルトの分子構造=名古屋大の伊丹教授提供

 王冠のような形をした炭素分子「カーボンナノベルト(CNB)」の合成に世界で初めて成功したと、名古屋大の伊丹健一郎教授(合成化学)らが14日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。今後研究が進めば、軽くて頑丈な新素材の開発などにつながることが期待される。

 CNBは約60年前に理論上の新物質として提唱された。しかし冠状の構造に合成するとひずみが生じて不安定になるため、科学者の間では「夢の分子」とされてきた。

 研究チームはこうした課題を克服するため、石油成分のパラキシレンを材料に、11段階の化学反応を繰り返すことなどによって、ひずみが出ないように改良し、炭素原子48個、水素原子24個で構成される直径0.83ナノメートル(ナノは10億分の1)のCNBを合成することに成功した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集