メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

男子400メートル個人メドレー、瀬戸が初優勝

日本選手権が開幕

 競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権が13日、名古屋市の日本ガイシアリーナで開幕し、初日は男女の決勝7種目などが行われた。男子400メートル個人メドレーは昨年のリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した瀬戸大也(ANA)が4分10秒44で初優勝した。リオ五輪金メダリストの萩野公介(ブリヂストン)との接戦を0秒01差で制した。日本水泳連盟の基準を満たして世界選手権代表に内定した。

 男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が59秒26で4連覇して代表入りした。1月に20…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです