メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車「富士山コース」浮上

国際自転車連合が大会組織委に要望

 2020年東京五輪の自転車競技ロードレースのコース設定で富士山を背景とする案が浮上している。国際自転車連合(UCI)が大会組織委員会に要望した。皇居外苑を発着点とすることで国際オリンピック委員会(IOC)に承認され、都内の周回コースが検討されていた。組織委は「思わぬ提言」と困惑しながらもコースの魅力が高まることや都心の交通規制の緩和など利点もあり、検討の余地はあるとの立場だ。

     立候補ファイルでは皇居外苑をスタート地点に味の素スタジアム(東京都調布市)に隣接する武蔵野の森公園をゴール地点とする案だった。会場計画を立てる段階となった15年12月、組織委は皇居を発着点とすることに変更してIOCから承認された。景観の美しい皇居を発着点とすることでテレビ映りをよくしたいとのUCIからの要望に応えた。それを受け、立候補段階の案をベースに検討を進めていた。

     昨年のリオデジャネイロ五輪で男子ロードレースは237・5キロで争われた。選手の実力差が出るように勾配のある難しいコース設定が必要とされ、リオ五輪では終盤、高低差約500メートルの山岳ルートを周回した。組織委の布村幸彦副事務総長は「富士山に近づくとアップダウンが結構あり、良いコースになる。相談のしようがあるのではないか」と説明する。

     自転車競技は大会経費の削減のため、トラック種目などの会場が静岡県伊豆市に変更されている。富士山案が浮上したのは、会場が変更された後のことだ。都内の住宅地を回るよりも、世界遺産を背景にした方がテレビ映えもよく、放映権料を収入の柱とするIOCにも望ましいことも提案の背景とみられる。

     五輪ではマラソン、トライアスロンなども公道を使用するため、大規模な交通規制が行われる。都民生活への影響を抑えるための渋滞緩和策などが課題だ。ロードレースのコースに東京都外も含めれば、交通規制は緩和される。一方で、広域開催では、警備する範囲が広がり、受け入れた自治体との費用負担の調整も必要となる。布村副事務総長は「富士山が映ればいいのか、富士山のもとに行くのか。現実的にどこまで可能か、よく相談したい」と述べた。【田原和宏、松本晃】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都・嵐山線 5歳児、電車に接触し引きずられるも軽傷
    2. 自民・石破氏 国税庁の佐川長官を批判 就任会見行わず
    3. LGBTを生きる 性的少数者 第3部/2 高校1年生・暦さん(15) /埼玉
    4. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
    5. グアム知事 「北朝鮮、米爆撃機に動揺」標的の原因を分析

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]