メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震1年

「各地に広げたい『テント村』体験」 日本初「テント村」元村長・野口健さんインタビュー(下)

地震国・日本では誰もが被災者になる可能性がある。熊本地震が起きた昨年4月、アルピニストの野口健さん(43)は岡山県総社市などの協力を得て、甚大な被害が生じた熊本県益城町に自主的に乗り込み、日本初の「テント村」を1カ月半にわたって運営した。被災自治体からの要請を待たずに、必要と思われる物資類の運搬や人材を投入する「プッシュ型支援」のモデルケースとなった。被災者が少しでも快適に過ごせる工夫が施されたテントは、仮設住宅ができるまでの「つなぎ的仮住居」として全国で注目されるようになった。野口さんは「アウトドアは、自分の命をどう守るかを考える教育です。次世代を死なせないためにも、東京など各地で『テント村』を再現し、多くの人たちに体験してもらいたい」と話している。【聞き手・中澤雄大/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り5797文字(全文6150文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです