特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会

1.6万人が参加 安倍首相主催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
桜を見る会で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵さん(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日午前9時48分、竹内紀臣撮影
桜を見る会で招待者に囲まれ、笑顔を見せる安倍晋三首相(中央左)と妻昭恵さん(同右)=東京都新宿区の新宿御苑で2017年4月15日午前9時48分、竹内紀臣撮影

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が15日午前、東京・新宿御苑で開かれ、各界の著名人ら約1万6500人が出席した。公明党の山口那津男代表も出席する中、首相は見ごろの八重桜と自公政権を重ね、「今日は風が強いが、連立政権は風雪に耐えてきた」と述べた。

 東京都議選を巡って自公両党がギクシャクするが、「風雪…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集