メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原状回復訴訟 農家の訴え却下 地裁郡山支部判決「放射性物質除去できず」 /福島

訴えを却下する判決を受け、記者会見で失望感をあらわにする原告の鈴木博之さん(右から2人目)=郡山市で

 県中部のコメ農家などが、東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質を農地から除去するよう東電に求めた訴訟の判決が14日、福島地裁郡山支部であった。上払大作裁判長(佐々木健二裁判長代読)は「放射性物質のみを除去する方法はなく、請求が認められても東電がすべき行為が不明だ」として原告の訴えを却下した。裁判の審理対象にならないと判断した「門前払い」の判決に、原告は失望感をあらわにし、控訴の方針を表明した。【土江洋範、笹子靖】

 原告側弁護士によると、農地の「原状回復」請求に対する判決は初めて。福島第1原発から約60~80キロ…

この記事は有料記事です。

残り1083文字(全文1343文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです