メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

考・皇室

課題検証/5止 継承時刻の設定、難題 退位儀式 有無、内容も焦点

 明治憲法下の1889(明治22)年に制定された旧皇室典範で、天皇の代替わりは天皇が亡くなった時だけとなった。それは現行の皇室典範にも引き継がれている。天皇が退位することは想定されなくなり、退位の儀式も途絶えた。今の天皇陛下が退位される場合、その節目の儀式は執り行うべきか、行うとすればどのような内容か--。今後の焦点の一つだ。

 宮内庁は、退位の儀式を行うことになる場合に備え、先例を調べている。同庁によると、天皇の退位は江戸時…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1289文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです