メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー奇想の系譜展 迫真の怪物たち 来月20日から神戸で

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     緻密な写実表現で描かれた不思議な世界が広がる「ベルギー奇想の系譜展~ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」を、5月20日から兵庫県立美術館で開催します。販売中の前売り券をぜひご利用ください。

     ベルギー・フランドル地方とその周辺地域では、中世末期から「幻想絵画」と呼ばれる作品群が発展。描かれた怪物や悪魔は「本物」と思わせる迫真性に満ちた恐ろしい姿ながら、どこかユーモラスで人間らしい魅力にあふれ、今日まで人の心をとらえてきました。

     本展は、約120点の展示作品を通し、約500年に及ぶ奇想表現の流れをたどります=写真はウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク「運河」(1894年、クレラー=ミュラー美術館(C)Kr〓ller-M〓ller Museum, Otterlo, The Netherlands)。

     <会期>5月20日(土)~7月9日(日)。月曜休館<会場>兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1、078・262・0901)<前売り料金>一般1300円、大学生900円=当日料金は各200円増し※70歳以上は当日料金のみ(750円)<前売り券販売場所>チケットぴあ(Pコード768-196)、ローソンチケット(Lコード56303)、セブンチケットなど※販売は5月19日まで

     主催 毎日新聞社など

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    3. 北朝鮮 正恩氏写真掲載新聞で靴包み拘束か 死亡米大学生
    4. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    5. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]