メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

館林死体遺棄

時効まで1年 捜査阻む事情知る?女性の死

萩原さんの遺体が見つかった多々良川の現場=群馬県館林市日向町で、2015年5月14日午後3時21分、山本有紀撮影

 群馬県館林市の多々良(たたら)川で栃木県足利市の化粧品販売員、萩原孝(たか)さん(当時84歳)が遺体で見つかった死体遺棄事件は、遺体発見から未解決のまま15日で丸2年を迎える。県警捜査本部は46人体制で関係者から事情を聴くなどしているが、「劇的に進展する話はない」(捜査幹部)。死体遺棄事件の時効(3年)まで残り1年を切った。事件が抱える謎を改めて振り返る。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1078文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです