メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯田GHD元会長

長男が遺産80億円申告漏れ

 東証1部上場の戸建て分譲大手「飯田グループホールディングス」(飯田GHD、東京)の会長を務め、2013年に死去した飯田一男氏(当時75歳)の遺族が東京国税局の税務調査を受け、長男が相続財産のうち約80億円の申告漏れを指摘されたことが、関係者への取材で分かった。追徴課税は過少申告加算税を含め約40億円に上るとみられる。

 関係者によると、遺族は飯田氏が保有していた不動産や現預金などを相続財産として申告したとされる。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. AV問題 フリー女優連盟が発足 出そろった業界団体
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです