メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺棄容疑者 不明当日、見守り活動参加せず

レェ・ティ・ニャット・リンさんの遺体が発見された現場付近にはたくさんの花束が手向けられていた=千葉県我孫子市で2017年4月14日午後5時45分、長谷川直亮撮影

県警捜査本部が死体遺棄容疑で逮捕 容疑者は黙秘

 千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、同県警捜査本部は14日、リンさんの自宅近くに住み、同小の保護者会会長を務める自称不動産賃貸業、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=同市六実4=を死体遺棄容疑で逮捕した。捜査本部によると、渋谷容疑者は黙秘している。

 逮捕容疑は、3月24日午前8時3分ごろから26日午前6時45分ごろの間に、リンさんの遺体を同県我孫子市北新田の排水路にかかる橋の下に遺棄したとしている。

 捜査本部は渋谷容疑者が使っていた車2台を押収したほか、15日以降に自宅を捜索する予定で、リンさん殺害についても何らかの事情を知っているとみて詳しく調べる。

 捜査関係者によると、現場の遺留物から検出されたDNA型が渋谷容疑者のものと一致した。一方、リンさんが行方不明になった時間帯に付近を走行中の車両のドライブレコーダーに、リンさんに似た女児や、そのすぐ後ろを歩く人物が映っていたが、映像は不鮮明だったという。

 渋谷容疑者の自宅はリンさん宅から約300メートルの場所にある。周辺住民などによると、渋谷容疑者は昨年度から同小の保護者会「二小会」の会長を務めている。同じ小学校に通う子供がおり、通学路で児童らの見守り活動をしていた。また、11日の入学式では保護者代表としてあいさつしたという。

 松戸市教委によると、渋谷容疑者はリンさんが行方不明になった3月24日朝、それまでほぼ毎日参加していた見守り活動に参加していなかった。

 リンさんは24日午前8時3分ごろ、修了式に出席するため自宅を出たが、学校には姿を見せなかった。教員や父親のレェ・アイン・ハオさん(34)が周辺を捜したが発見できなかった。

 遺体は26日午前6時45分ごろ、自宅から約12キロ離れた排水路にかかる橋の下で見つかった。首に絞められたような痕があったことなどから県警は殺人・死体遺棄事件と断定。100人態勢で捜査していた。

 リンさんが出かけた際に背負っていた赤いランドセルは27日に遺棄現場から20キロ近く離れた茨城県坂東市の利根川河川敷で発見された。河川敷では約1キロにわたりリンさんのものとみられる衣服や筆箱、防犯ブザーなども見つかった。【斎藤文太郎、信田真由美、橋口正】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2017欧州の岐路 仏大統領選、混戦模様 ルペン氏「フランス第一」 マクロン氏は「EU結束」
  2. 埼玉・車転落 衝撃でエアバッグ作動?前見えず 4人死傷
  3. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
  4. 特集ワイド 「あり得る」ルペン仏大統領 「自由・平等・博愛」どこへ ノスタルジーと排他性、日本に通底
  5. 爆発物騒ぎ 東京・秋葉原駅で 悪質ないたずらか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]