岐阜・春の高山祭

呼び物「夜祭」、100の提灯に明かり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
提灯を揺らし夜の町内を巡る祭り屋台=岐阜県高山市で2017年4月14日午後7時6分、大竹禎之撮影
提灯を揺らし夜の町内を巡る祭り屋台=岐阜県高山市で2017年4月14日午後7時6分、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市で14日開幕した「春の高山祭」は同日夜、呼び物の「夜祭」があり、12台の祭り屋台(国重要有形民俗文化財)それぞれに付けられた約100個の提灯(ちょうちん)の明かりが幻想的に町を照らした。

 各屋台は漆黒の闇の中、提灯をゆらゆらと揺らしながら町を練り歩いた。夜の町に繰り出した観光客らは昼の…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

ニュース特集