メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宗谷線

存続に向けて協議 JRと地元が初の実務者会合

 JR北海道の維持困難線区(区間)を巡り、宗谷線沿線の自治体などでつくる宗谷本線活性化推進協議会が14日、名寄市内でJRを交えて初の実務者会合を開いた。JRと沿線による事実上の協議入りで、今後は利用促進策を中心に存続に向けた課題を整理し、今年度中に方向性をまとめる。

 会合は冒頭以外、非公開で道や道運輸局もオブザーバー参加。宗谷線の運行時刻に合わせて設定され、多くのメンバーが列車で参加した。

 会合では冒頭、名寄市の橋本正道副市長が「維持存続に向け議論を重ねたい」とあいさつ。これに対し、JRの山口力常務は「(宗谷線は)路線廃止ありきではないが、単独維持は非常に難しい。利用促進の方策や収支の改善方法を、データや施策を提示しながら協議したい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  3. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  4. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです