メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今夜こんや遠藤えんどうからメールがきた。

     -おかあさんにあたらしいおとこができて。いっしょにもうってはなしてる。

     -遠藤えんどう賛成さんせいなの?

     -いやってえないっしょ。こうにはオレよりちいさいむすめ息子むすこがいて。そいつらもいっしょだって。

     -そっか。

     メッセージが、途切とぎれた。携帯けいたいをパタンとじると、バイブがまたった。

     -れる?

     時刻じこくは12時半じはんははとなり部屋へやでぐっすりている。でも……。

     -いいよ。

    おもって返事へんじおくった。

     玄関げんかんのドアには、ははのつけたすずがある。めするとき、いつもチリーンとる。わたしはサンダルをもって、ベランダにまわった。ここが1かいでよかった。室外機しつがいきあしをかけ、すりをえる。生垣いけがきえだが、バキバキッとれた。とおりにて、スエットについたつちはらい、公園こうえんかってはしりだす。

     遠藤えんどうは、公園前こうえんまえのベンチにこしかけていた。いきととのえながらちかづき、となりすわる。公園こうえん時計とけい文字盤もじばんが、満月まんげつみたいにぽっかりあかるくかんでいる。

    「ハナエ、元気げんきだった?」

     高校こうこう別々べつべつになったので、うのは2カげつぶりだ。

    「うん……メールにいてたおとこひととかとむってことは、すの?」

    「いや、いまのままかな。あと、今度こんどから晩飯ばんめしつくりょうえるな」

    「いつも遠藤えんどうつくるの?」

    「おかあさんのかえりがおそいからね。あーぁ、はやはたらけるようになりたい」

     遠藤えんどうは、深呼吸しんこきゅうをした。

    あたらしいおとうといもうとか。遠藤えんどう面倒見めんどうみるの?」

    「まぁそうだろな」

     すこしの、沈黙ちんもく

    「ハナエ、ありがと。また話聞はなしきいてもらっていい?」

     うん、とこたえた。こい、ではない。ともだち、でもないのかな。

    「うん……じゃ」とわたしはがる。

     時間じかんまった。

     身体からだかたまって、うごけない。わたしは遠藤えんどううでにすっぽりつつまれていた。

     どれくらいたったのか。頭上ずじょうでガチャッというおとこえた。時計とけいはりすすおと。わたしたちは自然しぜんはなれた。

     それ以来いらい遠藤えんどうとのメールは途絶とだえた。

     大学生だいがくせいになっても、ときどき、深夜しんやにベランダにてみた。でも、てこれる?というメールはだれからもこない。

      + + + + 

     『宇宙うちゅうのみなしご』では、中学生ちゅうがくせいたちが、深夜しんやにこっそりいえして、近所きんじょ屋根やねのぼります。そこから夜空よぞらまちながめます。

     よるには、なに不思議ふしぎ魔法まほうがあるのでしょう。

     遠藤えんどうはあのときのことをおもすことはあるのかな。いまでもたまにおもうのです。


    宇宙うちゅうのみなしご』

    森絵都もりえとちょ

    角川文庫かどかわぶんこ 475えん


     エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
    2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
    3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
    4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
    5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです