メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

福山の作家・今井さん、がんと闘い新作上梓 きょうトークショー 広島駅ビル /広島

初の長編現代小説「芦田川」(KADOKAWA)を出版した作家の今井絵美子さん=広島県福山市の自宅で、藤田祐子撮影

 時代小説「立場茶屋おりき」シリーズなどで知られる福山市の作家、今井絵美子さん(71)が、初の長編現代小説「芦田川」(KADOKAWA)を出版した。がんで余命宣告を受けながらの執筆で86冊目の著書。「病を得て、今作家であることの幸せを感じている。力尽きるまで書き続けます」と話している。16日には広島駅ビルで今井さんのトークショーとサイン会が開かれる。

 高度成長期の福山を舞台に、芦田川沿いに生きる母と姉妹の愛憎を描いた。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです