メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『中世、ロワール川のほとりで聖者たちと。』

 (九州大学出版会・4104円)

一条の天国の光を感じる聖者文学

 フランスの最長河川であるロワール川は東から西へ流れ大西洋に注ぐ。この川の流域を挟んでフランスは北と南に大きく分かれる。北には平野部が広がり、南には丘陵地帯が連なる。その流域の一角をなすアンジェ地方が本書の舞台をなす。

 そこに生きる人々の日常生活のなかでキリスト教が浸透していく風景はどのように描けるのか。人々が日々あがめていた聖者や聖遺物に注目すれば、中世人の心性にふれることができるかも、という淡い期待がある。

 ローマ帝国が衰退すると、西ヨーロッパの文化活動の中心も地中海沿岸地域から北上する。中世前期のフラン…

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1495文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友 籠池と妻諄子の両被告が保釈 夜に記者会見の予定
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]