石灰華ドーム

まるで火星 北海道・二股らぢうむ温泉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
表出した石灰華ドーム(左奥)の横を流れ落ちる温泉。カルシウムが堆積した「湯の花」模様を作り出す=北海道長万部町で2017年4月、梅村直承撮影
表出した石灰華ドーム(左奥)の横を流れ落ちる温泉。カルシウムが堆積した「湯の花」模様を作り出す=北海道長万部町で2017年4月、梅村直承撮影

 映画で見た火星のような光景だ。北海道長万部町の山あいの「二股らぢうむ温泉」には、温泉に含まれた炭酸カルシウムが堆積(たいせき)した巨大な石灰華(せっかいか)ドームがある。草木に覆われ見える部分は一部だが、高さ30メートルを超え、南北約400メートル、東西約150メートルの規模は世界的にも珍しい。

 調査に3回訪れた広島大大学院理学研究科…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文251文字)

あわせて読みたい

注目の特集