メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

米国を威嚇、国威発揚狙い ICBM初公開

 【ソウル米村耕一】北朝鮮は15日、平壌の金日成(キム・イルソン)広場で、故金日成主席生誕105周年を祝賀する軍事パレードを実施し、米本土を狙う大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される新型ミサイルを初めて公開した。トランプ米政権の圧迫により朝鮮半島情勢の緊張が高まるなか、北朝鮮としてはミサイルによる報復攻撃の能力を誇示して米国を威嚇するとともに、国威発揚につなげる狙いがあるとみられる。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が観閲する中、パレードでは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「KN11」(北朝鮮名「北極星1」)や、陸上配備型に改良した新型中距離弾道ミサイル「KN15」(同「北極星2」)などが登場。続いて、大型弾道ミサイルの発射管とみられるものを搭載した片側7輪と片側8輪の2種類の車両が初めて公開された。発射管の中に実際にミサイルが入っていたかどうかは不明だが、大きさからは米本土を標的に開発しているICBM用とみられる。

 開発中のICBM「KN08」や「KN14」とは異なるタイプとみられ、新たなICBM開発を進めている可能性がある。

 大規模軍事パレードは朝鮮労働党創建70年を記念した2015年10月以来。崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長が演説し、「米国が挑発を仕掛けてくれば、即時に壊滅的攻撃を加え、全面戦争には全面戦争で、核戦争には核攻撃戦で対応する」と威嚇した。

 北朝鮮では25日にも朝鮮人民軍創建85周年という記念日を控え、祝賀ムードが続く。この間、6回目の核実験などの挑発行為に踏み切る可能性もあり、関係国は警戒を強める。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  2. 座間事件 容疑者と半年間同居 女性、優しい言葉信じ
  3. 下町ボブスレー “五輪出場”の夢がピンチに
  4. 社説 平昌五輪開会式と首相 むしろ出席した方がいい
  5. 北上製紙 7月末に全事業停止へ 解散・清算を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]