メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

自爆テロで43人死亡 避難途中の住民被害か 

 シリア北部アレッポ近郊で15日午後(日本時間同日午後)、爆発があり、在英の民間団体「シリア人権観測所」によると、少なくとも43人が死亡した。反体制派が包囲する村からアサド政権が支配する地域に避難する途中のシーア派住民が被害に遭ったという。

     AFP通信によると、住民はバスを待っている最中だった。国営メディアは自動車が爆発した自爆テロと伝えた。米紙ニューヨーク・タイムズによると、アサド政権側と反体制派の双方がそれぞれ包囲する町の住民を互いの支配地域に避難させることで合意。14日から計1万人以上を移送する計画に入っていた。【松井聡】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答
    2. 探偵物語 テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演
    3. 強制不妊手術 大分は101人確認 全国で4番目に多く
    4. ウィキ 「エンゲル係数」ページ凍結で編集不能 その訳は
    5. 文化複合施設 秋に着工 駅前最後の大型公共事業 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]