メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自爆テロで43人死亡 避難途中の住民被害か 

 シリア北部アレッポ近郊で15日午後(日本時間同日午後)、爆発があり、在英の民間団体「シリア人権観測所」によると、少なくとも43人が死亡した。反体制派が包囲する村からアサド政権が支配する地域に避難する途中のシーア派住民が被害に遭ったという。

     AFP通信によると、住民はバスを待っている最中だった。国営メディアは自動車が爆発した自爆テロと伝えた。米紙ニューヨーク・タイムズによると、アサド政権側と反体制派の双方がそれぞれ包囲する町の住民を互いの支配地域に避難させることで合意。14日から計1万人以上を移送する計画に入っていた。【松井聡】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
    2. 島原半島 世界で数カ所の珍しい白洲出現
    3. 特別授業 「カリスマ美容師」坂巻さん、高校生に 札幌 /北海道
    4. 船橋市 公園でのボール遊び解禁に向け再試行
    5. 社説 安倍首相の在任 戦後3位に 「1強」のひずみは深刻だ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]