メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃん相次いで2頭誕生 沼津の水族館

ゴマフアザラシの赤ちゃん(右)と見守る母親のチロル=沼津市内浦重寺のあわしまマリンパークで、2017年4月14日午前10時33分、垂水友里香撮影

 静岡県沼津市内浦重寺の「あわしまマリンパーク」でゴマフアザラシの赤ちゃんが相次いで2頭生まれた。赤ちゃんはそれぞれの母親に見守られ、くりんとした目をしばたたかせ愛嬌(あいきょう)を振りまいている。クリーム色の産毛に包まれているが、名前の由来の「ごまふ」が、頭のてっぺんや首に出てきている。

 初出産のチロル(推定12歳)の赤ちゃんは雌で3月27日に誕生し、現在24.9キロ。出産2度目のコロン(11歳)の赤ちゃんは雄で4月2日に生まれ、20.2キロ。同館でのゴマフアザラシの出産は6年前にコロンが産んで以来で待望。頭数は計7頭になった。

 チロルは赤ちゃんから片時も離れず、お乳をあげたりプール遊びに付き合ったりで赤ちゃんは甘えん坊に。一方、コロンは放任で、赤ちゃんはのんびり屋に育っているという。担当の松岡幸介さんは「緊密な親子関係は1カ月足らず。ほほ笑ましい様子にほっこりしてほしい」と話している。【垂水友里香】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 交渉で昭恵氏の名 籠池氏が財務省幹部に
  2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  3. #東北でよかった 潮目がらり「怒り」が一転「東北愛」に
  4. 豊洲市場 石原元知事らの証人尋問、都が同意へ 住民訴訟
  5. どうすれば安全安心 関心高まる、がんの免疫療法 有効性不明な治療も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]