メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

サモ・ハン アクション健在、満足 映画「おじいちゃんはデブゴン」主演・監督

=根岸基弘撮影

 ジャッキー・チェンらと並び、香港映画界の重鎮として知られるサモ・ハン(1998年、サモ・ハン・キンポーから改名)。「おじいちゃんはデブゴン」(5月27日公開)で20年ぶりに監督を務め、アクション監督、主役も演じている。

     キャンペーンのため来日したが、身長約170センチ、体重は100キロ超えと、何とも迫力がある。撮影のためアクションポーズを取ってもらうと、穏やかだった表情が一気に険しくなった。「日本は素晴らしい。人はいいし、料理もおいしい」。撮影が終わると、柔和な表情に戻った。

        ■  ■

     拳法の達人である退役軍人ディン(サモ・ハン)は故郷の村で、ひとりで暮らす。認知症を患っているが、唯一心を許していたのが隣に住む少女チュンファ(ジャクリーン・チャン)。借金漬けのチュンファの父が姿を消したため、チュンファは誘拐されそうになる。ディンは老人とは思えぬカンフーでチュンファを守ろうとするが……。

     久しぶりの監督。なぜ?

     「97年に撮り終わった後、香港映画界に失望したのが原因。プロ意識のない連中が多くなり、一緒にやるのが苦痛になった。今回、脚本の人物描写、設定、ストーリーとすべてがよかったので引き受けた。アクション監督はずっとやっていたので、特に感慨はなかった。全体を見るか、部分を見るかの違いだけだった」

     さすがに昔のような切れはないが、アクションは健在である。

     「スタントマンを使ってはいるが、戦うアクションは全部自分でやった。非常に満足している」

     どこを見てほしい?

     「監督もやっているので、ここだけ見てくれというのは難しい。ストーリーの流れを全部見て、アクション、人間ドラマを楽しんでほしい」

        ■  ■

     9歳で芸能界に飛び込んでから約55年がたつ。

     「簡単に言えば、“得難い”ということ。今この場にいられること、仕事をさせてもらえるのも、得難いし、貴重。そういう芸能人生だった」

     現在65歳。11年前の来日時に「70歳まで現役」と話していた。

     「あと5年頑張って走り、まだやれると思ったら、さらに延長する。一番大事なのは健康。健康であれば、70歳以降もできる」

     さまざまな出会いのおかげで、今があると振り返る。

     「特に人との出会いで啓発を受け、節目になった。まず、ブルース・リー。こうやるんだ、と自分の中に目覚めるものがあった。そして、ツイ・ハークとウォン・カーウァイ。共に天才で、大きな影響を受けた」

     CG(コンピューターグラフィックス)全盛の最近のアクション映画に一家言持つ。

     「CGを悪いと思わない。ただ、人が動くアクションはCGでは難しい。リアル感がない。やはり、人の動きに関して、人間にやってほしい。CGはそれに対して、バックグラウンドで使うものだと思う」。ひときわ声が大きくなった。

     座右の銘は?

     「『尊師重道』。先輩、師匠を尊敬し、人として道を重んずるという意味。子供の頃から、これを肝に銘じて生きてきた」【金沢盛栄】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです