メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

名古屋スイーツ&カフェ専門学校・友部千晶さん /愛知

友部千晶さん

 県産のスナップエンドウをスイーツに見事に変えた。「地元の野菜を使ってスイーツを作りたかったです」。名古屋スイーツ&カフェ専門学校(名古屋市西区)で中心となってメニュー開発に取り組んだ2年生、友部千晶さん(19)=瀬戸市=はそう言って笑顔を見せた。

 開発を依頼したJAあいち経済連(名古屋市中区)の担当者によると、昨夏から県産の野菜や果物を使ったスイーツの開発に頭を悩ませていた。このため地元の同校に依頼した。担当者は「スイーツの開発は初めて。旬の県産野菜を使って、消費喚起へ現状を少しでも変えようと思った」と話す。

 同校で手を挙げたのは有志の約20人で、中心だったのが友部さんだ。「自分が考えたものが形になれば、技術の向上になると思った。わくわく感はあったけど、本音を言えば、最初は分量も分からずに不安だった」と明かした。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです