メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/33 畑酒造 温和な人柄にじむ味 /滋賀

畑大治郎さん(左)からラベルの貼り方を教わる「19歳の酒」プロジェクトの参加者たち=滋賀県東近江市小脇町の畑酒造で、山本直撮影

 今月2日、蔵は華やいでいた。二十歳の若者約30人が集まり、自分たちが育てた米で仕込んだ「19歳の酒」で成人を祝う日。瓶にラベルを貼った後、持ち寄った料理をつまみに裏庭で杯を傾ける。「酒を自分で造ることができるなんて。めちゃくちゃおいしいです」と大阪府箕面市の大学生、毛笠拓朗さん(20)。太郎坊宮(阿賀神社)の春祭りの渡御で打ち鳴らされる鉦(かね)や太鼓の音が周辺にこだまする中、笑顔が広がった。

 「この部屋で小さい頃、よく遊んでもらいました。杜氏(とうじ)や蔵人に守をしてもらいながら育ったよう…

この記事は有料記事です。

残り1854文字(全文2103文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです