メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

陸に落ちたら…=山田孝男

 北朝鮮のミサイルが、海ではなく、日本列島に落ちたらどうなるか。

 死傷者が出たらどうするか。自衛隊が動くか。米軍が応戦か。「アメリカ・ファースト」のトランプ大統領でも日本を守ってくれるのか。シリア攻撃と同じように、北朝鮮の軍事基地をたたくのか--。

 政府高官と自衛隊の元幹部に聞いてみた。

    ◇

 ミサイルは脅威だが、いつも無人の海に落下--となれば、見くびってかかるのが人情である。

 北朝鮮は、今年の初めから昨日までに5回8発打った。最新の分を含む3発は失敗、他はすべて海に落ちた。昨年は19回38発。うち9発は失敗、29発が海に消えたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家庭内、会食、職場内…感染広がり「混合型、今が瀬戸際」 都内で新たに107人

  2. NHK、衛星放送含めた受信料全体の見直しを検討 有識者会議の提言受け

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  5. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです