メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

トキタ種苗(埼玉県)/上 品種開発に熱い思い

1936(昭和11)年秋の時田源三商店の商品カタログ=トキタ種苗提供

 <since 1917>

小さい種から世界に大きな幸せを

 野菜や花の種を育種する種苗会社のトキタ種苗は1917(大正6)年に時田泰助氏(1898~1990年)が埼玉県南埼玉郡粕壁町(現在の埼玉県春日部市)で創業した。農家の次男の泰助氏は当初、種苗会社の老舗で1835(天保6)年創業のタキイ種苗(本社・京都市)の採種生産管理に携わった。生産管理の仕事のほか品種開発も手がけ、泰助氏は新種の「黄金白菜」を開発している。自ら独立を決意。兄の源三氏の名前をとり、時田源三商店としてスタートした。

 大正時代は全国各地の篤農育種家といわれる農家の人が自ら白菜、枝豆、キャベツなどの品種開発を行い、種…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです