メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

トキタ種苗(埼玉県)/上 品種開発に熱い思い

1936(昭和11)年秋の時田源三商店の商品カタログ=トキタ種苗提供

 <since 1917>

小さい種から世界に大きな幸せを

 野菜や花の種を育種する種苗会社のトキタ種苗は1917(大正6)年に時田泰助氏(1898~1990年)が埼玉県南埼玉郡粕壁町(現在の埼玉県春日部市)で創業した。農家の次男の泰助氏は当初、種苗会社の老舗で1835(天保6)年創業のタキイ種苗(本社・京都市)の採種生産管理に携わった。生産管理の仕事のほか品種開発も手がけ、泰助氏は新種の「黄金白菜」を開発している。自ら独立を決意。兄の源三氏の名前をとり、時田源三商店としてスタートした。

 大正時代は全国各地の篤農育種家といわれる農家の人が自ら白菜、枝豆、キャベツなどの品種開発を行い、種…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです