メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
たき火を囲んで焼きイモを楽しむ親子たち=埼玉県坂戸市で1月、NPO法人ハンズオン埼玉提供

 子どもの遊び声が、まちの中から聞こえなくなった。公園や児童館には禁止事項の張り紙が並ぶ。校庭や公園で子どもたちと新たな遊びを始めようとすると、管理者に「何かあったら困るので」と中止を求められる。背景には苦情の増加がある。社会に<あそび>を取り戻すにはどうすればいいか。「遊びの現場」を訪ね歩いてきた西川正・NPO法人ハンズオン埼玉常務理事に聞いた。

 「子どもの声がしなくなると、それが当たり前になり、たまに声がするとうるさく感じる。顔なじみの子の悪…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1578文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです