メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

羽生・荒川さん、五輪の偉業永遠に ゆかりの仙台、地下鉄駅前モニュメント

モニュメント前で記念撮影に応じる羽生(左)と荒川さん=仙台市内で2017年4月16日午後1時41分、福田智沙撮影

 フィギュアスケートの男子で2014年ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)と、女子で06年トリノ五輪金メダルの荒川静香さんの仙台市ゆかりの2人の偉業をたたえるモニュメントが16日、同市青葉区の地下鉄国際センター駅前に設置され、除幕式に2人が出席した。

 設置されたのは、2人が演技する姿が描かれたガラスのパネル。羽生が公のイベントに出席するのは最近では珍しく、約700人のファンが詰めかけた。

 イベント後の取材で羽生は、引退した浅田真央さんへの思いを語った。浅田さんを「挑戦の象徴」と表現した…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです