メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

日本選手権 女子初、池江5冠 50自、100バタV

 世界選手権(7月、ブダペスト)代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は16日、名古屋市の日本ガイシアリーナで男女の決勝10種目などが行われた。女子50メートル自由形と100メートルバタフライを制した16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が、前日までの100メートルと200メートル自由形、50メートルバタフライと合わせて女子史上初の5冠を達成。5種目全てで代表に決まった。男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=が2分7秒18の好タイムで、世界記録保持者の渡辺一平(早大)に競り勝ち3連覇し、ともに代表入りした。

 男子200メートル背泳ぎは萩野公介(ブリヂストン)が初優勝し4冠。11連覇を狙った入江陵介(イトマ…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文2016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです