メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

日本選手権 池江5冠、女子初 男200平、小関V3

 世界選手権(7月、ブダペスト)代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は16日、名古屋市の日本ガイシアリーナで男女の決勝10種目などが行われた。女子50メートル自由形と100メートルバタフライを制した16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が、前日までの100メートルと200メートル自由形、50メートルバタフライと合わせて女子史上初の5冠を達成。5種目全てで代表に決まった。男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=が2分7秒18の好タイムで、世界記録保持者の渡辺一平(早大)に競り勝ち3連覇し、ともに代表入りした。

 男子200メートル背泳ぎは萩野公介(ブリヂストン)が初優勝し4冠。11連覇を狙った入江陵介(イトマ…

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文1978文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです