メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
爪痕に生きる

熊本地震1年/4 山に亀裂、帰れない

 3日連続の雨が降っている。熊本県南阿蘇村の会社員、猿山正弘さん(53)は、心配そうに自宅の裏山を見上げた。熊本地震で数百メートル離れた山肌が大規模に崩れ、3人の命と阿蘇大橋をのみ込んだ。昨年6月の豪雨でも崩落し、無数の亀裂が走ったままだ。「いつ崩れてもおかしくない」

 村は地震直後から猿山さんらが住む立野地区に避難勧告を発令した。阿蘇大橋が崩落したため、地区は村役場がある村中心部から隔絶され、水道復旧の見通しも立たない。昨年10月には全357世帯が被災者生活再建支援法の長期避難世帯に認定された。

 菊陽町に避難した猿山さんは毎週末、みなし仮設のアパートから片付けのために自宅に帰る。放置し続けた室…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1107文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです