メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「がんは学芸員」発言を撤回

 山本幸三地方創生担当相は17日、外国人観光客らへの文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員」などとした発言について「適切ではなかった。反省しており、撤回しておわびしたい」と述べた。東京都内で記者団に語った。

 菅義偉官房長官に同日朝、発言を撤回する考えを伝え、菅氏は「そうしてもらえれば結構だ」と応じたと説明した。

 山本氏は16日、大津市で開かれた地方創生に関するセミナーで、学芸員について「自分たちだけが分かっていればいい、分からないなら来なくていいよ、というのが学芸員の連中だ。この連中を一掃しないと駄目」などと批判した。

 山本氏はこの発言について、記者団に「学芸員の方々に観光マインドを持ってもらう必要があるという趣旨だった」と釈明。進退については「全力を挙げて地方創生などを頑張っていきたい」と述べ、引き続き職責を果たす意向を示した。

 学芸員は、博物館法に定められた専門職員。資料の保管や展示、調査研究などを行う。(共同)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水崎綾女、カンヌから世界へ 遅咲き28歳「実感湧かない」 (スポニチ)
  2. ヒロインに水崎綾女を選んだ理由は…河瀬監督「彼女の強い目」
  3. 永瀬正敏 日本人初の快挙に「感謝、感謝、感謝」 出演作が3年連続でカンヌ出品
  4. ORICON NEWS 美山加恋、塩野瑛久との交際質問に笑顔「仲の良いお友達です」
  5. 就職セミナー 参加者誘い連れ去る 48歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]