メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宅配便と自動運転技術

「ロボネコヤマト」実用実験します

「ロボネコヤマト」プロジェクトで使う保管ボックスを設置した電気自動車=2017年4月16日午後0時17分、鈴木篤志撮影

ヤマト運輸とDeNAが17日から神奈川県藤沢市で

 ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は16日、宅配便の配達に自動運転技術を活用する「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を17日から、神奈川県藤沢市で始めると発表した。運転手の人手不足や再配達の解消が狙い。1年かけて実験を進め、将来は完全な自動運転での配達を目指す。

     車内に保管ボックスを備えた専用の電気自動車3台を使用。利用者は暗証番号などで解錠して荷物を受け取る。有人運転が原則だが、自動運転を想定し、ドライバーは荷物の受け渡しに関与しない。

     この車を使ったサービスは2種類。「ロボネコデリバリー」は、スマートフォンから10分刻みで宅配便の配達時間帯を指定。屋外での受け取りも可能で、到着3分前には通知がある。「ロボネコストア」は、インターネット上で購入した地元商店街の商品の配送サービス。到着時刻はスマホで確認できる。

     16日に同市内で記者会見したヤマト運輸の阿波誠一常務は「十分な安全対策が必要だが、どこにいても荷物を受け取れる世界を目指す」、DeNAの中島宏オートモーティブ事業部長は「ニーズに合わせて配送車の台数を考えたい」と話した。【鈴木篤志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
    2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
    5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]