メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宅配便と自動運転技術

「ロボネコヤマト」実用実験します

「ロボネコヤマト」プロジェクトで使う保管ボックスを設置した電気自動車=2017年4月16日午後0時17分、鈴木篤志撮影

ヤマト運輸とDeNAが17日から神奈川県藤沢市で

 ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は16日、宅配便の配達に自動運転技術を活用する「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を17日から、神奈川県藤沢市で始めると発表した。運転手の人手不足や再配達の解消が狙い。1年かけて実験を進め、将来は完全な自動運転での配達を目指す。

 車内に保管ボックスを備えた専用の電気自動車3台を使用。利用者は暗証番号などで解錠して荷物を受け取る…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです